商売をするにあたって特定商取引法という規定が存在します。

 

これはいわゆる消費者が商品を購入する際に不当な売買として損害をこうむらな

 

いように規定された営業上の契約というものです。

 

対象となる事業者はこれを守らなければ業務停止の処分や罰則を受ける羽目と

 

なります。現在はネットにより、それによる通信販売も大分盛況になってきました

 

が、この通信販売も特定商取引法の対象であり、なのでそうしたサイトのほとんど

 

はそれに基づいた経営をしているわけです。

 

 

逆に言えば違反しているサイトは怪しいところであるという判断材料ともなりえるようになっています。しかし、この制度は全部に適用されているわけではなく中には対象外のものもあります。それは大型の家電、本やゲームソフトといったものが挙げられます。そして特に高い買い物となる自動車も該当しており、購入する際にはその辺も規定の保護が適用されないことも考えてしなければならないということです。ただ、購入の状況によっては保証はされるということはあるので、その辺も踏まえて状況も調べて判断をしましょう。それと規定ということで今後も改正があったりと変わる可能性もあります。知らない内に変わっているということもあるので対象外の物を購入する際にはそうした今の規定がどうなっているかということも調べてから購入するとよいでしょう