効果はどこまで及ぶ?

| 未分類 |

 

 

売買契約などで、相手方の詐欺や何らかの契約に関する問題がり、契約の取り消し(契約の未成立)をおこなう場合は、当事者双方が現状回復義務を負います。そして、原状回復義務については、同時履行の義務が生じます。では、原状回復義務の効果は、いったい何処まで及ぶかということが問題になります。

 

 

契約の形態は様々あり、法律で規定するのは至難の業といえます。したがって、当事者双方の言い分が食い違い、争いになるケースもあります。そして、争いを好まない方は、泣き寝入りをすることになります。このような問題について納得できる解決をおこなうには、やはり士業の先生にお願いするのがもっとも良い方法だと思います。このような、問題の扱いは、権利と義務の法律家の出番になります。例えば、弁護士や司法書士などが、権利と義務のトラブルの専門家と言えます。

 

 

原状回復義務でよくトラブルのは、賃貸契約の物件を返却するときなどにも生じます。よく不動産管理業者が請求してくるのは、通常の用法に従って使用した場合であっても、賃借人にクロス張替えなどとしょうして、全額費用請求をしてくるなどです。このような場合、賃借人に過失や故意が認められる毀損がないのであれば、費用請求された場合支払いに応じる必要がありますが、通常の用法により使用収益した場合は、支払いに応じる必要はありません。”