いつまでにやったらよいか

| 未分類 |

クーリングオフが可能な期間は取引や契約の内容によって異なります。

 
訪問販売やキャッチセールスなど多くのケースは8日と規定されていますが、マルチ商法のようには20日と規定されているものもあります。

 
この日数は業者側から法定の申込書面の交付された日から起算すると規定されており、業者と契約を締結した日を1日目として期間を計算することになります。

 
クーリングオフを行う場合、消費者は意思表示を必ず書面で行わなければなりません。

 
この際は書面の内容や発信日を証明できる内容証明郵便を利用するのが一般的です。

 
原則として民法の規定では、意思表示が効力を生じるのは、それが相手に到達した時点とする「到達主義」を採用していますが、クーリングオフは例外的にこの「到達主義」ではなく、消費者が意思表示をした時点で効力を生じる「発信主義」を採用しています。

 
つまり郵便などでクーリングオフの意思表示を行う場合、こちらが書面を発信した時点で意思表示は行われたものと認められます。

 
そのため、例えば業者が書面の受け取りを拒否したり、何らかの理由でクーリングオフの行使可能な期間を過ぎて書面を受け取ったとしても、消費者の意思表示は有効となります。