威力はどんなもの?

| 未分類 |

 

 

訪問販売や電話勧誘販売などにはクーリング・オフという制度があり、一定期間内であれば消費者から無条件で「契約解除」ができます。

 

 

クーリング・オフをする場合は消費者から一方的に意思表示をするだけでよく、理由を説明する必要はありません。また、自分で開封した消耗品以外は使用済みの商品でも返品できます。購入代金を始め、損害賠償金や違約金を支払う必要もありませんし、支払った代金は当然、返金を要求できます。ただし、使用した消耗品については、使用した分を支払うことは起こり得ます。

 

 

また、契約解除は無条件であるため、商品は業者が引き取りに来るまで放置しておいて構いません。着払いで返送することも可能です。

 

 

クーリング・オフのできる期間は、契約書面または申し込み書面を受け取った日(契約を交わした日ではありません)を含めて8日間です。ただし、マルチ商法や内職商法は20日間となっています。

なお、契約書面や申し込み書面を受け取っていない場合や、契約書面に不備がある場合(販売価格や支払い日など、法律で決められていることが書かれていない)、業者によるクーリング・オフ妨害があった場合(クーリング・オフを拒否する言動など)は期間が過ぎていてもクーリング・オフは可能です。

ちなみに、業者に通知する際は電話ではなく、控えを証拠として保管できるように「特定記録郵便」か「簡易書留」にして送付するのが賢明です。