クーリングオフができる場合

| 未分類 |

 

クーリングオフとは、契約や申し込みの後に消費者に冷静に考え直す時間を与

 

え、一定期間は無条件で契約解除や申し込みの撤回することができる制度のこと

 

です。

 
クーリングオフは消費者の保護を目的として導入された制度です。

 

 
キャッチセールスやアポイントセールスなど、商品の購入を考えていないときに業者から突然勧誘を受け、消費者が意思のはっきりしないまま申し込みを行ったり、契約書を書かされてしまうといったケースが後を絶たないことから導入されました。

 
こうしたケースの場合、消費者は一定期間内であれば契約書の有無などに関わらず、業者に対して一方的に契約の解除や申し込みの撤回、代金の返還などを求めることができます。

 
クーリングオフが適用されるケースについては、特定商取引法や消費者契約法など、いくつかの法律で規定されています。

 
代表的なものとしては、路上などで行われるキャッチセールスや訪問によるアポイントセールス、電話による勧誘販売などがあります。

 
さらに、仕組みが非常に複雑で契約内容が分かりにくいマルチ商法や内職商法などもクーリングオフの対象となります。

 
ただしクーリングオフが認められる期間は取引の種類によってそれぞれ異なるため、クーリングオフを行う場合にはどの取引に該当するのかしっかりと確認しておく必要があります。